芸速

芸能エンタメ最新ニュースと世間のみんなの反応をまとめ読み

芸速

【嘘】NHK『西郷どん』が史実と違いすぎwww「大河で女性の原作・脚本は萎えるよな。。。」

   

1 コメ


 1月7日、ついにNHK大河ドラマ『西郷どん』が始まった。林真理子氏の小説が原作、『花子とアン』などで知られる中園ミホ氏が脚本。

 明治維新の英雄・西郷隆盛を鈴木亮平(34)が演じるが、「史実との違いを探せばきりがありません」と語るのは、鹿児島・志學館大学の原口泉教授(70)だ。

『翔ぶが如く』(1990年)、『篤姫』(2008年)などの大河に携わり、『西郷どん』でも時代考証を担当。その原口教授自ら、史実との違いをツッコんでくれた。

【フェイク1】西郷隆盛と主君の出会い

「第1回の放送で藩主・島津斉彬(渡辺謙)がお忍びで薩摩へ帰り、幼少期の西郷隆盛と出会います。しかし、当時斉彬が住む江戸から幕府の許可を得ずに帰るのは、不可能に近い。

 史実ではないので、『天狗』に化けて子供の西郷に会う、というような演出になっています。誤解がないように、番組の最後で、『このとき斉彬が薩摩に来た記録はありません』とナレーションを入れてもらっています」

【フェイク2】西郷は下戸

 主君・斉彬と西郷が飲み明かすシーンもあるが、「西郷は下戸です」。

【フェイク3】西郷家と大久保家の場所

 大河では、西郷家と盟友・大久保利通(瑛太)の家が隣同士という設定だ。
「実際には、150メートルほど離れていました」

【フェイク4】「妙円寺詣り」は夜

 島津義弘の武勇を偲ぶ地元行事、「妙円寺詣り」も描かれている。
「これは本来であれば、夜間におこなわれる行事です。キャストの小学生が夜のロケに出られないので、昼間に撮り終えたと聞いています」

【フェイク5】糸子は幼馴染みではない

 西郷は3人の妻を娶っている。3番めの妻が糸子(黒木華)だ。
「2人が幼馴染みという設定も史実に反します。脚本の中園ミホさんが『2人は子供のときに会わせたい』との希望でしたので、『まあ、いいでしょう』と」

【フェイク6】月照と西郷の関係

 林真理子氏の原作で、話題を呼んだのは僧・月照と西郷の関係だ。主君の斉彬を亡くし、絶望のあまり切腹を図る西郷を、月照が夜具に誘って慰める。尾上菊之助が演じる月照とのシーンは、どう描かれるのか……。

「2人の関係を、林さんは『ボーイズラブ』とおっしゃっていますが、私は月照と西郷は『一心同体』だったと思います。斉彬の君命を受けた西郷と、孝明天皇の勅命を受けた月照は、まさに志をひとつにしていた。男と男、男と女の愛など超えていたのです」

【フェイク7】糸子の奄美大島訪問

 物語の中盤で、妻・糸子が奄美大島に渡り、西郷の2番めの妻・愛加那(二階堂ふみ)とその息子・菊次郎と会う場面がある。

「時代考証の立場からは史実と違うと言いました。ですが、林さんはドラマ上、糸子と愛加那に、女同士で話をさせたかったと。これは歴史小説やドキュメンタリーではなく、新しいジャンルの物語だと思っています。あくまで西郷という人間を描いているのです」

 物語のプロット作りから参加した原口教授は、『西郷どん』で新しい西郷像を描こうと試みた。明治維新後、征韓論で敗れ、大久保と対立した西郷は下野して鹿児島に帰る。世にいう明治六年の政変だ。

「私の見方は違います。西郷は大久保と対立したわけではありません。大久保は、内務卿として殖産興業政策を進め、かたや西郷は鹿児島で『農による国興し』を目指した。西郷にとっては、この上なく幸せな時だったはずです」

『西郷どん』の裏番組は、高視聴率を誇る『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)だ。

「ぜひ、そういう番組を観ている若い人に観てもらって、新しい国づくりに役立ててほしいですね」

 新たな西郷像が楽しみだ。
(週刊FLASH 2018年1月16・23日合併号)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180128-00010001-flash-ent

この記事へのみんなの反応

名無しさん 2018/01/28(日) 11:20:40
こういう設定なら面白いのにという脚本家と、いやいやそれはありえないという時代考証の先生のせめぎあいが大河ならでは。
名無しさん 2018/01/28(日) 12:38:26
かけ離れ過ぎた演出だと興ざめ、忠実すぎるとドラマとして退屈なことも…
いいあんばいで作るのは難しいですね
名無しさん 2018/01/28(日) 17:05:28
別にフィクションだからな。
もともと史実自体も本当かどうかも分からない。
名無しさん 2018/01/28(日) 17:06:52

多くの人が抱いている歴史上のイメージは、実は史実じゃないからね。ドラマや小説のセリフ・動きは8割以上が、なんの資料も残されていない見栄えを良くするための創作。

維新はあの当時の内戦だし、結果的に官軍が勝って近代的制度が始まったが、その後、大正・昭和と続く流れには負の側面も大きな割合で存在する。

安易な幻想は害にしかならない。歴史自体はクールに評価する必要があると思う。

名無しさん 2018/01/28(日) 17:07:51
立場は逆だけどアニメの実写化にも似たようなことがあるなぁ
名無しさん 2018/01/28(日) 17:10:35
吉川英治の「宮本武蔵」だって、かなりのフィクションなんでしょ?
名無しさん 2018/01/28(日) 17:11:01

大河はじめ映画ドラマに出てくる皇室観も無茶苦茶ですからね。
史実でないどころか悪に描いたりしてる。

「平清盛」なんか最悪だった。

名無しさん 2018/01/28(日) 17:11:06
TV的に興味や面白さを追求するのは仕方がない気が
する。でも余りにも史実と異なる内容は駄目だと思う。
フェイクではなく嘘になってしまう。
名無しさん 2018/01/28(日) 17:21:19
この先生も『私はこう思う』的に書いてんじゃん。史実と違うのは先生の方かも知れないよ。
名無しさん 2018/01/28(日) 17:23:34

感情論が先に来る女性作家を大河に起用するのは個人的にどうか?と思う。
感情は演出と役者が作るものであって…
脚本は史実に可能な限り近づけるべきでは?と思う。
大河に限っては。

だからこの原作と脚本家は個人的には嫌だった。

名無しさん 2018/01/28(日) 17:24:08

>西郷隆盛
 という名を使うのなら史実と違えば非常に問題。

 史実と違うなら架空の人物設定をするべき。

名無しさん 2018/01/28(日) 17:28:46
真田丸もひどかったけどね
名無しさん 2018/01/28(日) 17:31:33
史実でわからない場面はドラマの演出としていいかも知れないが、史実に反する内容や必要以上に美化するのはいただけないな。
史実を知らない人は、そうなんだと誤解するし、知っている人は、えっ、それ違うけど、とテレビに突っ込んでしまう。
名無しさん 2018/01/28(日) 17:48:49
真田丸なんて家康と一騎打ちしてるからね(笑)
そんな些細なねつ造気にしてたらばからしくて見れない。
関ヶ原で処断されそうな真田を本多忠勝が救っただけで、裏切りまくりの浪人が史実だし
名無しさん 2018/01/28(日) 17:50:09
ボーイズラブでなく一心同体だった、ってどっちがフェイクやねん!
名無しさん 2018/01/28(日) 17:59:20

大河ドラマはフィクションもアリだと思ってはいるけど。ただ、この記事を読むと、脚本家が恋愛の部分をやたらと、盛りたがってるのがハッキリしている

やはり女脚本家には、大河ドラマは向いてないのかもしれない。昼ドラや月9などで好き放題に恋愛ドラマの脚本やってればいいのに

名無しさん 2018/01/28(日) 18:17:09
演出の範囲内の違いばかり。
非実在の主人公の年もあったのに。
名無しさん 2018/01/28(日) 18:23:33
一つの作品として楽しませてもらってますので、歴史の教育ビデオの様に隅から隅までの忠実性は期待していません。良い作品だと思います。
名無しさん 2018/01/28(日) 18:24:28

最も日本人らしい日本人と云われながら、日本史最大の謎のひとつでもある西郷隆盛。

あの三島由紀夫をして晩年になって西郷隆盛の偉大さを認識したほど。
福澤諭吉も、である。

国体を描けない反日のNHKが、西郷隆盛をきちんと伝えられるわけがない。
水戸學の重要性も隠すんでしょ。

最近サヨクが坂本龍馬のみならず、吉田松陰を教科書から消そうと必死だ。

名無しさん 2018/01/28(日) 18:41:42
まあ前作に比べればマシでしょ。
前作ほどほとんど資料が残っていない主人公も珍しいですから。
名無しさん 2018/01/28(日) 12:33:16
まあ言い出せばキリが無いしw
三国志演義だって真田十勇士だって鬼平だって大岡越前だってへうげものだって史実をある程度ベースにした作品な訳で。
でもいい作品って、「史実」と「創作」の絡め方が凄いと思う。まあそのせいで勘違いする人も多いけどw
名無しさん 2018/01/28(日) 17:08:55
忠臣蔵だって
捏造されたもの
名無しさん 2018/01/28(日) 17:17:27
水戸黄門だって諸国を漫遊していないし、暴れん坊将軍だって城下を出歩いていない。
娯楽ドラマなんだから最低限の時代考証がしてあれば、あとは面白ければ良い。
名無しさん 2018/01/28(日) 17:17:45

そもそもフィクションにおける考証ってのは

「意味もなく、事実と違う」

ってのをただすためにあるのであって、物語上意味があるなら、史実と違おうが問題はない。

この時代考証家はなにか勘違いしていないか?

名無しさん 2018/01/28(日) 17:25:02
でも大河だけは史実に可能な限り忠実にあって欲しいと望む。
大河だけは…。
名無しさん 2018/01/28(日) 17:30:41
あの林真理子の脚本に史実だどうのと言われても。西郷さんの裏側を知れば、ドラマとして成り立たないわけで。
名無しさん 2018/01/28(日) 17:51:08

外国に売り込むときに多少はドラマチックにしないと
かの地の人が見てくれなくて無意味になる

創作ではあるが「おしん」が外国で評価が高かったのは
そのドラマチックさゆえ

名無しさん 2018/01/28(日) 18:06:18
歴史物と見るか、ドラマとして見るか、だな。ドラマとして見る分には
別に問題はない。
名無しさん 2018/01/28(日) 18:06:28
三国志演義なんて実在しない架空の人物がわんさかいるからな。
貂蝉みたいにモデルの人物に沿ってるならまだしも兀突骨なんて身長約3mの大嘘設定。
小説やアニメならではの設定。
名無しさん 2018/01/28(日) 18:08:11
明智光秀を題材にすれば結構面白いと思う。
全クールのうち2/3は戦国時代。
残り1/3は江戸幕府を支える僧官。
名無しさん 2018/01/28(日) 18:08:58
最後にこの話はフィクションですと出せばよい。
名無しさん 2018/01/28(日) 18:11:50
ゴチャゴチャうるせえ。面白きゃいいじゃねえか。
名無しさん 2018/01/28(日) 18:49:49
それ言うなら直虎はどーなるんだ?
性別さえ分からないファンタジーだぞ。
空想がダメなら女が主人公の大河は全部ダメだろw
名無しさん 2018/01/28(日) 18:50:55
林真理子にファンタジー以外の歴史物期待するのは無理でしょ。
名無しさん 2018/01/28(日) 19:09:01
そうだよなー
林真理子&中園ミホの時点で「江」より酷くなければいいやって
腹括らないと(笑)
名無しさん 2018/01/28(日) 17:07:08
ドラマはドラマでいいのだけど、いつの間にか坂本龍馬のようなドラマ発の虚像ヒーローが捏造されるのが怖い。
西郷はそれなりの活躍があるのに残念なこと。
名無しさん 2018/01/28(日) 17:15:00
ほんとそれ
尊敬する人:坂本龍馬とかいってるやつ見るとw
名無しさん 2018/01/28(日) 17:19:32
「竜馬がゆく」は確かに史実にフィクションを織り交ぜた作品で、それが世間一般の竜馬像だからね。でも、それでも坂本龍馬は好きだなぁ。
名無しさん 2018/01/28(日) 17:42:30
坂本龍馬は本人の写真が残っていた事で、時代小説の登場人物として人物像を具現化しやすかったってだけだからな。
名無しさん 2018/01/28(日) 17:43:02
坂本龍馬=武器密売人
と高知県の観光担当者がいってました。w
名無しさん 2018/01/28(日) 18:00:06
そうだよねえ、国をうばった長州としては坂本竜馬が英雄じゃこまるもんねえ
名無しさん 2018/01/28(日) 18:01:09
英雄ではないかもしれないですが
誰かに消されたってこと自体が
何か担っていたことにはなると思います。
坂本龍馬の描いた日本が出来ていたら
今、どんな日本だったでしょう?
ホラ吹きで詐欺師で武器密売人だったかも
知れません
でも彼なりに思い描いた日本があったことは
確かです。
坂本龍馬を殺さずにいたら、高杉晋作が死なずにいたら、西郷隆盛が死なずにいたらと
あれこれ想像するのが歴史の醍醐味ではないですか?
あなたは維新の英雄は誰だとお考えですか?
名無しさん 2018/01/28(日) 18:26:47
偉そうに言った所で本人に会っているわけじゃないんだから。そのぐらい大目にみろや。
名無しさん 2018/01/28(日) 17:21:45
エンターテインメントなので必ずしも史実に忠実でないといけないとは思いません。
ですが以前「天地人」の脚本家小松女史が「妻夫木君の泣き顔が好きだから」という理由で泣かせたというのを聞いてドン引き。
戦国武将が戦の最中に縁側で奥方の膝枕で寝ていたシーンもありました。
特に近年の女性脚本家に多く見られるのは大河のホームドラマ化。
私は女ですがちょっとげんなりします。
名無しさん 2018/01/28(日) 18:44:47
西郷どんで文句が出るなら
真田丸は
妄想空想歴史コメディー物語やがなw
名無しさん 2018/01/28(日) 18:54:54
こんな横槍がドラマをつまらなくする
史実通り作ればさっぱり面白くないのでよ歴史学者さん
名無しさん 2018/01/28(日) 19:00:59

私も女性ですが、正直女性の描く大河はゲンナリします。
今回は林真理子&中園ミホの「お友達コンビ」でしょ?
何だか悪い予感しかしないのだけど…。

そもそも西郷さんと糸さんも、年齢差は一回り以上です。それを崩しちゃダメでしょう?
あと、月照とのボーイズラブを描きたいとか中園さんが言ったとか言わないとか…。

第1回目は観たけど、正直そのあとをあまり観たいと思わなくなった。

この前、28年前の「翔ぶが如く」を観たけど、面白かったなぁ。
原口先生は、この時も時代考証で関わってありましたが、今回の「西郷どん」に関わったことは、後悔してると思う。

名無しさん 2018/01/28(日) 17:18:41
面白くなるなら改変もアリだと思うけど、「それ意味あるの?」って感じなのも多い気がする
たとえば西郷が下戸だって史実のままのほうが、豪快なイメージとギャップが生まれて親近感があったような
名無しさん 2018/01/28(日) 17:56:02
「西郷が下戸だって史実のままのほうが、豪快なイメージとギャップが生まれて親近感があったような 」・・・同意~♡
名無しさん 2018/01/28(日) 18:27:00
最後の伴侶の生年月日くらい忠実にやってほしかった。
ここは変えたらダメでしょう。
名無しさん 2018/01/28(日) 18:32:18
西郷さんは、肥大したキャンタマをムササビの羽?のように広げ、そこに酒を注がせ、その場にいた者に呑ませた。という話を、以前に読んだことがある。
アレはどこまで本当なのだろうか?
名無しさん 2018/01/28(日) 18:37:24
薩摩の西郷が下戸だったというのがおもしろいのに。それがわからん原作や脚本はダメですね。
名無しさん 2018/01/28(日) 19:37:09
下戸だから西郷は大の甘党だったよ。
宴会では酒の代わりに皿に山盛りにした饅頭と一緒にお茶を飲んでいた。
名無しさん 2018/01/28(日) 19:44:25
酒飲み連中が山盛りのまんじゅうを見てげんなりした顔になる
なんてシーンの方が絶対面白いと思うんだが

 - TV番組・映画